コラム

コラム

モラハラ夫と別居して離婚するには

モラハラやDVの被害に遭った場合、さまざまな問題が重なり、すぐに離婚を決断できないことがあります。しかし、まずは急いで「別居」を始めることが大切です。これは、自分自身を守るために悪質なモラハラやDVから逃れることが最優先だからです。 ...
コラム

離婚の公正証書に書けないこと

離婚公正証書は公証人が作成する公文書であり、双方が合意する契約書ですが、どんな内容でも書けるわけではありません。公序良俗に反する内容は書くことができません。公序良俗とは、公の秩序や善良な風俗、つまり社会の一般的な道徳観念を指します。公序良俗...
コラム

離婚調停不成立での別居について

まずは離婚調停の不成立について解説をします。夫婦が話し合いで離婚に合意できない場合、家庭裁判所に申し立てをして離婚調停を行います。離婚調停は、調停委員や裁判官を交えて夫婦間の意見の調整を行う場であり、最終的な結論を下すのは当事者であるため、...
コラム

連絡が取れない相手との離婚する方法

今回は連絡が取れない相手との離婚について解説をします。相手が音信不通の場合でも、離婚は可能ですが、手続きには注意が必要です。まず、協議離婚をするためには、お互いに話し合うことが必要です。しかし、相手が音信不通である場合、話し合いをすることは...
コラム

DV夫との離婚

DV加害者からの安全な離婚 DV加害者と離婚する場合は、危険を避けるためにも、基本的には弁護士を代理人に立てて、離婚交渉をすることがおすすめです。 DV加害者は自分の行為に対して自覚がない事が多く、また感情的になりやすいことから話し...
コラム

損をしないための財産分与を解説

離婚する際には財産分与が必要になりますが、正しい知識のないまま行うと損をすることもあります。そこで、本記事では損をしないための正しい財産分与の考え方について解説します。特に、特有財産と共有財産の違いや、共有財産の中でも分配の協議が不要なもの...
コラム

離婚にかかる費用の相場とは?裁判所費用や弁護士費用を解説

結婚生活が破綻して離婚を考えたとき、気になるのが離婚にかかる費用です。離婚には、裁判所に提出する書類や弁護士費用、調停費用など、様々な費用がかかります。しかし、具体的にどのくらいの費用が必要なのか、分からないと不安になる方も多いのではないで...
コラム

経済的DVとは?特徴法律的な対処方法について名古屋離婚相談ガイドが解説

「経済的DV」とは、パートナーから経済的な支援を受けられない状況に置かれ、生活に不安や苦痛を感じることを指します。このような状況に陥ると、自分自身や子供たちの生活を維持することが困難になり、心身の健康にも悪影響を与えることがあります。本記事...
コラム

50代男性の離婚で注意点

40代から50代までは、子育てが終わり、人生のほぼ半分が過ぎた年齢です。この時期に離婚する「熟年離婚」も近年では一般的に。 彼らが共通して持っている思いは、人生を再び見直したいと思い、残りの人生を後悔なく生きたいということです。 ...
コラム

離婚調停で弁護士を途中からつける事はできる?

離婚調停は途中から弁護士をつけることは可能です。弁護士は、ご自身の代理人として離婚調停の一環として裁判所に対して代理人としての権利を行使することができます。 また、弁護士は、ご自身の代理人として途中から離婚調停に参加することにより、適...
タイトルとURLをコピーしました